日本のカードの歴史
クレジットカード比較 無料
 日本のカードの歴史


目的別無料クレジットカード
 おすすめクレジットカード
 ロードサービスつきカード
 ガソリン割引カード
 海外旅行保険つき
 国内旅行保険つき
 ショッピング保険つき
 スーパー・デパート割引
 ETCカードを付帯できる
 電子マネー機能つきカード
 Suica・PASMO機能付きカード
 インターネットでお得
 映画館で割引
 携帯料金が割引
 マイルがたまる
 審査の柔軟なカード
 リボ・フレックス払い
 コンビニ払いが可能
 スピード発行クレジットカード
 女性専用クレジットカード
 学生専用クレジットカード

クレジットカードの審査
 クレジットカードの審査基準について
 スコアリングについて
 クレジットカード会社の審査基準
 カードの審査通過に必要なこと
 ブラックリストについて

クレジットカード徹底考察
 ポイントが1番お得なカードは?
 マイルが貯まるカードは?
 携帯料金がお得なカード徹底比較
 ガソリン代がお得なカード徹底比較
 ロードサービスの徹底比較
 海外旅行保険徹底比較
 ショッピング保険徹底比較
 年会費有料の優良カード

クレジットカードとは
 クレジットカードってなに?
 クレジットカードの歴史
 日本のクレジットカードの歴史
 クレジットカード申請時の注意
 クレジットカード使用時の注意
 インターネットでの注意
 海外旅行保険の基礎知識
 国内旅行保険の基礎知識
 ショッピング保険について
 その他の付帯保険について
 クレジットカードの優待特典
 年会費無料カードを作ろう

 提携クレジットカード一覧

 日本のクレジットカードは1960年に日本ダイナーズクラブが発足され、その歴史がはじまりました。また、同じ年にデパートの丸井が自店舗のみで使用できるカードを発行し、日本で初めてのクレジットカードが発行されました。

  翌年の1961年には日本信販と三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)の共同出資により、ジャパンクレジットビューローが設立されました。これが現在JCBとなり、クレジットカードの世界5大ブランドの一つになっています。このジャパンクレジットビューローの設立を皮切りに銀行系のカード会社が次々と設立されることとなりました。

  1967年にダイヤモンドクレジット(現DCカード)、住友クレジットサービス(現三井住友VISAカード)、1968年にミリオンカードサービス(現UFJニコスカード)、1969年にユニオンクレジット(現ユーシーカード)設立されました。

  しかし、これらのカードは全て日本国内でのみ使用できるもので、海外で使用できるカードは日本ダイナーズクラブが発行しているものだけでした。また、そのカードも海外専用カードで、日本で使用できるカードは別に所有する必要がありました。国内、国外共通して使えるカードが発行されたのは1978年のことで、日本ダイナーズクラブによる発行でした。

  現在の2大ブランドであるVISA、MASTERをの「デュアル発行」は、日本信販が国内で初めておこないました。また、オリエントコーポレーションはDINERS、VISA、MASTER、JCBの4つのブランドのカードを日本で初めて発行しています。

  現在、クレジットカードはまだ進化の途中です。そしてその進化のスピードは年を追うごとに激しくなっています。2001年にはユーシーカードがICチップを埋め込んだクレジットカードを発行しました。また、携帯電話にICチップを埋め込み、赤外線通信によりクレジットカード決済を行ったり、キーホルダーの中にクレジットカード機能を持たせたりということがおこなわれています。現在誰もが持っている携帯電話、それがクレジットカードとしても使えるようになっているのです。

Copyright クレジットカード 年会費無料 2003-2012 All rights reserved.